So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
旅行(海外) ブログトップ
前の10件 | -

2014年ミラノ~ヴェネツィア ちょこっとパリ [旅行(海外)]

ヴェネツィアからパリへ飛行機で移動し、1泊してから帰国。 cowcow(@_@;)です。

昼ごろオペラ座近くのホテルへ到着し、この日は、買い物とディナーを楽しみます。
パリの日本人シェフとして一番評価の高い人の店へ行きました。
店のある、パッサージュ・デ・パノラマ。レトロ感もあっていい雰囲気のパッサージュです。
200.JPG
お店
201.JPG
期待ほどでは無く、おしゃれなフレンチよりも、シンプルなイタリアンの方が我々の口には合うなと。服部幸應がお店を覗きに来てました。

翌日、出発までに街中を散策します。ヴェネツィアと違ってパリは晴天。
まずは朝ごはんを食べに、前に一度行って良かったところ、ラスパイユのマルシェ。
オーガニックのものだけを並べている朝市です。ここでガレット食べました。
398.JPG
402.JPG
403.JPG
407.JPG

この後は、これまで行ったことの無い5区、カルチェ・ラタン地区へ。
ここには、ムフタール通りという古い通りがあり、両側にお店やカフェが連なっています。
通りの入り口近くにあったパン屋、ル・ブーランジェ・ド・モンジュ。ここのパンをかじりながら通りをぶらぶら。パンがめちゃくちゃ美味しかった。
211.JPG
409.JPG
414.JPG

この通りの先には、フランスの偉人たちが眠っているパンテオンがあります。
ドーム部分は修理中でしたが、外観も中もかっこいい建築物です。
422.JPG
424.JPG
429.JPG
パンテオン入口からエッフェル塔がきれいに見えてました。
431.JPG
パンテオンそばのソルボンヌ大学。
437.JPG

大学前のカフェで休憩してから、ホテルのあるオペラ座へ戻りました。
442.JPG

バスを3回乗り継いでの散策。
5回目のパリ。だいぶ道や方角、勝手がわかってきた。


2014年ミラノ~ヴェネツィア ⑧ [旅行(海外)]

厚手のコートをそろそろ薄手のものに替えれそうになってきました・・・cowcow(@_@;)です。

旅行のことつづります。
ヴェネツィアの食事です。

前菜盛り合わせ。
レモンをたっぷり絞ると冷えた白ワインにぴったり。
145.JPG

クモガニのパスタ。カニの風味たっぷり。
130.JPG
ヴェネツィアのパスタと言えば、イカスミパスタ。美味い。
131.JPG

手長えび。
これが最高に美味かったです。甘くて香ばしくて弾力があって。
193.JPG

旅行中ほとんど食べなかったデザート。(食べさし)
左のティラミスも美味かったですが、右のアイスクリームはmoumou曰く、海外で食べたアイスクリームでは最上位にランクされる美味さらしい。愛想の無いアルミの容器ですけども。
196.JPG

ミラノはやや塩味の強い味付けが多かったですが、ヴェネツィアはいい塩梅のものが多く、
シンプルさ、味付け、パスタの硬さなど我々の好みにより合うものが多かったように思います。

ミラノ~ヴェネツィアはこれにておしまい。


2014年ミラノ~ヴェネツィア ⑦ [旅行(海外)]

今日は春の甲子園大会の抽選会があったようですが、私の家のそばの幼稚園では、登下校の時間に、甲子園の曲として有名な「栄冠は君に輝く」がヘビーローテーションで流されています。
歌詞なしではありますが不思議・・・cowcow(@_@;)です。

旅行のことつづります。
ヴェネツィアに着いた時にもしかしてと思っていたのですが、やはりでした。
翌朝起きると異常潮位現象の「アクアアルタ」でした。
海面の水位が上がり、島の中が浸水する現象です。
321.JPG
半日はこの状態との事で困っていましたが、ホテルのフロントでこんな靴カバーをもらいました。
323.JPG
ちょっとかっこ悪いとは思いましたが、外に出ると旅行者は大体こんな感じのものをはいてました。
まぁこんなのよりかは良いかなと。
173.JPG

小雨にアクアアルタという状況でしたが、まずは運河めぐりをしました。
サンマルコ広場から島内の真ん中に逆S字になっているカナル・グランデ(大運河)をヴァポレットで巡ります。
最初に見えてくるのが、安藤忠雄設計のプンタ・デッラ・ドガーナという現代美術館とその奥に、
サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会。
157.JPG

運河沿いの建物。
336.JPG
372.JPG

最初に見える運河の橋、アカデミア橋。橋の下から来た方向。
343.JPG
橋の上から来た方向。
143.JPG

次に見える運河の橋、リアルト橋。
168.JPG
橋の上から来た方向。
361.JPG

運河沿いの建物。
390.JPG
391.JPG

リアルト橋でmoumouとは別行動。地元のスーパーやいろいろなショップ巡りをした模様。
187.JPG
私は、ティツィアーノの傑作「聖母被昇天」を見に
サンタ・マリア・グロリオーサ・デイ・フラーリ教会へ。
008.JPG
ヴェネツィアでもし1枚絵を選べと言われたら断然これです。絵の放つオーラに引き込まれます。
あまり好きではないヴェネツィア派のなかでもこれだけは別格。

それにしても、傘を持って、ヴェネツィアの細い道を歩くのはかなり難儀でした。

2014年ミラノ~ヴェネツィア ⑥ [旅行(海外)]

中国または中国に関すると思われる事件が続いてます。
なんか嫌な感じがしてます・・・cowcow(@_@;)です。

旅行のことつづります。
ミラノからヴェネツィアまで列車で2時間半。しかし出発が1時間遅れ、しかも天気は雨。
列車は快適でしたが、景色が雨のせいでいまいちのような。
ヴェネツィアの玄関口、サンタ・ルチア駅を出たところ。
120.JPG

駅の構内でヴァポレットという水上バスのフリーパス券を購入して、ホテルのある
サンマルコ広場へ。
サンマルコ寺院(画像奥)が補修工事中でショック。
313.JPG

私はこの日は雨ということもあり、屋内見学中心です。
まずはサンマルコ寺院の中へ入り、2階へ。
サンマルコ寺院の2階からの眺めその1、広場全体。
288.JPG
その2、右側にある時計塔。
292.JPG
その3、左側にある行政庁。
294.JPG
その4、さらに左側にある小広場。獅子像の石柱と聖テオドロスの石柱。
299.JPG

寺院のあと訪れたのは、その4の左に写っているドゥカーレ宮殿。
ヴェネツィア共和国時代の総督の居城です。豪華絢爛、こってり感満載のヴェネツィア絵画の宝庫です。
その中庭。
307.JPG

ドゥカーレ宮殿のあとに訪れたのは、寺院の対面にあるコッレール博物館。
ドゥカーレ宮殿には、ヴェネツィア派ルネッサンスの巨匠達が描いた宗教画の壁画や天井画がいっぱいです。ヴェネツィア派は、表現がやりすぎというか少し大げさに見えるところがあまり好きになれないのですが、コッレール博物館にある絵画は同時代ではありますが、非常にあっさりとした絵画が集められており私的にはこちらの方が特にオススメできるかなと。

moumouはこの間、島内の大通りを散策したり、ヴァポレットに乗ったりしていた模様。
海から見たドゥカーレ宮殿と鐘楼。
375.JPG
サンマルコ広場の対面に浮かぶサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会
327.JPG

2014年ミラノ~ヴェネツィア ⑤ [旅行(海外)]

中国の暦では、今年は1年が13カ月あります。
今年は9月が2回あるという我々にはなじみの無いことですが、仕事や生活に影響がないので、
中国圏以外では特に認知度はありません・・・cowcow(@_@;)です。

旅行のことつづります。

ミラノでの食事です。
前菜はだいたい魚介を食べてました。
盛り合わせ。冷えた白ワインにピッタリです。
049.JPG
フリット。熱々でプリップリ、美味しかったです。
080.JPG

パスタは欠かせません。毎日食べても飽きない。
051.JPG079.JPG

ミラノの味①
オッソブーコという仔牛のスネ肉の煮込み。トロトロで美味かったです。
052.JPG
ミラノの味②
ミラノ風リゾット。私はリゾットが好きでして、これ美味しかったです。
意外とさっぱりとしててチーズをたくさんかけてもしつこく無かったです。
109.JPG

夕食は、前菜を二人でシェアして、パスタかメインというパターンでした。
ハズレ無く美味しいものにありつけました。

昼食は手軽に。揚げピザで有名なところです。
263.JPG104.JPG

これでミラノは終了です。
これに乗ってヴェネツィアへ向かいます。
284.JPG

2014年ミラノ~ヴェネツィア ④ [旅行(海外)]

最近莱陽はトイプードルだらけ・・・cowcow(@_@;)です。
旅行のことつづります。

観光で他には、スフォルツァ城(上)やブレラ美術館(下)など見学しました。
ブレラ美術館では、カラヴァッジョの「エマオの晩餐」に出会えました。なかなか見ごたえのある美術館でした。
230.JPG272.JPG

あとは、街中をぶらぶらしてましたが、
距離のある移動の時は、トラムを利用してました。地下鉄やバスもありますが、路線図を入手しておけば、景色を見ながら移動できて快適です。途中下車しやすいですし。
066.JPG
239.JPG238.JPG

ブランド街で有名な、モンテナポリオーネからサンバビラ界隈はイタリアの有名どころが勢ぞろいです。ドルチェ&ガッバーナ関係がかなりはばをきかせていた印象です。
アジア人の多かったモンクレール
243.JPG
ウインドウがかっこよかったボッテガ・ヴェネタ
244.JPG
買うかどうしようか迷ってあきらめたカー・シュー
246.JPG
セレクトショップもたくさんありました。
275.JPG258.JPG

ミラノに来て思ったことは、男性のファッションがやはり他の都市とは違って格好いいと思ったことです。いわゆるちょい悪おやじのような人があちこちにいました。でもそれもそのはずで、ミラノの街中は、メンズのショップがすごい多いと思います。日本にも輸入されて、人気のあるモノがそこらじゅうにありました。
まぁ今回はこのような路面店には縁が無く、いつものようにアウトレットで買い物しました。
郊外の集合型アウトレットへも行きましたが、市内あちこちにあるアウトレット専門店ものぞきました。街中だけでなく、アウトレットでもこんなに男性モノが充実しているところは初めてです。
ちなみのこの時期ですので皆厚手のアウターを羽織っていますが、ミラノでは、私が見た感じでは、男女ともにPEUTEREYを着ている人が多かったです。その次がMONCLERでしょうか。HERNOもよく見ました。ファッションの街ミラノを満喫できました。


2014年ミラノ~ヴェネツィア ③ [旅行(海外)]

寒さのピークをやっと脱したように思います。
それにしても空気が汚れてる・・・cowcow(@_@;)です。
旅行のことつづります。

ドゥオーモの横には有名なアーケード、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアがあります。
017.JPG217.JPG
ヨーロッパに来たという感じが満載な所です。
天井も綺麗ですが、床のモザイクも見事で綺麗です。
264.JPG
牛の股間にかかとをつけて一周回れば幸福になれるというのがあるところです。
みんなやってました。もちろん我々も。
222.JPG


ミラノの観光で忘れてはならないのが、「最後の晩餐」でしょう。
その「最後の晩餐」がある、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会へ行ってきました。
076.JPG
写真には写ってませんが、この教会の左側の食堂の中に「最後の晩餐」はあります。
絵ばかりが有名ですが、この教会自体も非常に美しい教会です。
(最後の晩餐という題材の絵は食堂に描かれているものが多いです)

「最後の晩餐」は完全予約制。25人づつ、15分間のみ見ることができるというシステムです。
事前にネット予約したのですが、サイトに書いてある内容があまり理解できないのと、良い時間の予約が埋まっていたのとで予約完了まで結構苦労しました。

しかし苦労したかいがありました。想像以上に良かったです。
「この中に私を裏切る者がいる」という劇的な場面を、まるで舞台演劇を見ているように演出しているところが面白い。座っているとちょうど舞台のある高さに描かれています。キリストの言葉に、他の12人がまるでざわついているかのような動きがあるように見えます。静かな表情のキリストとは対照的に他の12人は驚きや困惑の表情があります。
レオナルド・ダ・ヴィンチがこの空間を利用して描いているので、ここで見ないとその価値は全く無いという絵だと思います。天井や壁がこの絵の一部になるように描かれていて、空間全体が絵となっています。15分はあまりにも短い時間でした。
しかし、損傷はひどく、もし損傷無く細部まで残っている状態ならばもっとレオナルドの演出や技巧に驚くことになったんじゃないかと思います。レオナルドのすごさに初めて触れた気がします。ここに来れて良かった。
011.JPG
このように絵を切り取ったものだけではなんの価値もないものだと、行って気付きました。

2014年ミラノ~ヴェネツィア ② [旅行(海外)]

「レジェンド葛西」かっこいいですねぇ~・・・cowcow(@_@;)です。
旅行のことつづります。

ミラノ観光の中心地はドゥオーモです。世界最大のゴシック建築の通り圧倒される大きさです。
191.JPG
私は20数年前に見ているのですが、ずいぶん白くキレイになってる印象です。

大きさよりもすごいのが、繊細な装飾。屋上に登ればその繊細さがわかります。
197.JPG005.JPG
お菓子職人が気まぐれにデコレーションしたと言われるのがよくわかります。

135の尖塔の先には聖人が立っており、なかなか愛嬌のある姿をしてました。
203.JPG

最も高い塔には黄金のマリア像、マドンニーナがミラノ市内を見下ろしています。
201.JPG206.JPG

いい眺めです。
209.JPG

2014年ミラノ~ヴェネツィア ① [旅行(海外)]

昨夜も例年と変わらず爆竹、花火がうるさかった・・・cowcow(@_@;)です。
テレビのボリュームいつもの2倍で見てました。
旅行のことつづります。

今回、関空からフランクフルト乗り継ぎでミラノへ入りました。
空港からバスで中央駅へ1時間。駅付近のホテルにチェックイン。
混んでいるとのことで部屋をアップグレードしてもらいのっけから超ラッキー、
疲れもちょっとだけ取れました。

翌日からミラノ市内を観光。
しかしこの日は長友の所属するインテルの試合がミラノで行われる日。
日本を出発する前からチケットの購入を検討するも、
手数料取りすぎちゃうのという値段(ひとり3万円強)。
で、不安に思いながらも現地でなんとかならんかなと。
そこはさすがインテル、当日でも市内中心地にあるインテルのショップで
簡単にチケットゲットできました。
これです。希望した1階席で一人1万円もしませんでした。
022.JPG

アップ中の長友。アップといってもかなり身体動かしてました。
032.JPG

先発紹介。こちらの人達は皆「ユート!」と声援してました。
037.JPG

キックオフ。
041.JPG039.JPG

試合自体は、最下位のカターニア相手に0-0という残念な結果でしたが、
観戦しているぶんには非常に楽しかったです。
一つのプレーに対する皆の反応や声援、サッカーが大好き、インテルが大好きという
スタジアム全体の雰囲気が楽しめて良かったです。
我々が観戦していた座席近辺は年配の男性がすごく多く、そして皆知り合いという感じです。

インテルのショップのすぐ近くには、本田のユニホームが飾られているACミランのショップもありました。
018.JPG



ハワイ  ~Aloha~~⑤ [旅行(海外)]

ワイキキの海に癒されました。

029.JPG112.JPG115.JPG055.JPG017.JPG069.JPG074.JPG219.JPG


        [リゾート]  Mahalo  [リゾート]
前の10件 | - 旅行(海外) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。